ガチャで当たりを引ける確率

当たり率 0.1%~1.0%

 当たりが出る確率が0.1%、0.2%、0.3%…1%のガチャをそれぞれ引いた時に、1枚以上当たりが出る確率をグラフ化してみた。

 使った式は、p=1 - (1 - 1M) a(M:当たり率 a:試行回数)

 合ってるよね?合ってるはず。

ガチャで1枚以上の当たりを引く確率

 当たり率0.1%だと、100回回してお目当ての物が出る確率は約10%、300回回しても約26%しかありません。私の遊んでいるゲームにはありませんが、今時のスマホゲーは当たり率0.1%なんて普通にあるらしいですよ?怖いですねぇ。

当たり率 1%~10%

 続いてはちょっと確率を上げて、当たり率1%~10%のガチャを回すとこうなるというグラフ。

ガチャで1枚以上の当たりを引く確率

 さっきのグラフを見た後だと良心的な気がしてしまうから怖い。

 当たり率10%だと、20回回せばお目当ての物が出る確率は90%近くになる。まぁそれでも10%で出ないんですけどね。

期待値とか

 運が良いのか悪いのかなんてのは、割と主観に影響される気もするけれど、とりあえずここでは期待値を基準にしてみる。

ガチャ運

 縦軸は当たりを引くまでに回した回数、横軸は当たり率、グラフは期待値が1枚以上になる回数。つまり、1枚目の当たりを引いたときにグラフの点以上の回数を回していれば、運が悪い。グラフの点未満なら運が良い。分かりにくいね、うん。自分で書いてて分かりにくいなぁ、と思います。

 まぁ要するに、当たり率と1枚目の当たりを引くまでの試行回数を見て、グラフより上なら運が悪い、下なら運が良いってことです。

当たり率N%のガチャを100N回引いた時

当たり率1%のガチャを100回引いたときに1枚以上当たる確率は、約63.4%

 2%のガチャを50回引いたときに1枚以上当たる確率は、約63.6%
  4%のガチャを25回引いたときに1枚以上当たる確率は、約63.9%
  5%のガチャを20回引いたときに1枚以上当たる確率は、約64.1%
  10%のガチャを10回引いたときに1枚以上当たる確率は、約65.1%
  20%のガチャを5回引いたときに1枚以上当たる確率は、約67.2%
  25%のガチャを4回引いたときに1枚以上当たる確率は、約68.4%
  50%のガチャを2回引いたときに1枚以上当たる確率は、75%

まとめと言うよりピックアップ

  • 0.1%のガチャを100回回しても、1割しか当たらない!
  • 10%のガチャを20回回せば、9割当たる!
  • 1%のガチャを100回引いた時に1枚以上当たる確率は、63.4%

感想とか

 ゲームによって当たりと呼べる物の排出率はずいぶんと違うようですが、今はどの程度が多いんでしょうかね?今度調べてみようかな?

湖の大きさランキング ~世界一大きな湖の面積は○○とほぼ同じ~

湖とは

 湖とは、「陸に囲まれた水の塊で、比較的大きなもの」という意味らしい。似たようなものに「池」や「沼」などがあるが、調べてみたところ、「湖」「沼」「池」の間に明確な線引きは存在しない模様。でも一般的には以下の様に分けられることが多いんだとか。

湖・沼・池・潟の違い

湖:湖の中心部に沿岸植物が生えておらず、5m以上の深さを持つもの。
沼:湖よりも浅く、水底の全面に水生植物が生えているもの。ただし、湖と同じ状態でも沼と呼ばれることもある。
池:普通は人工的に作られたものを指すが、天然の池も存在する。
(かた):外海と切り離されて湖沼化したもの。沼に似ているが、完全に外海と切り離された潟はほとんどなく、普通は海水が混ざり潮の満ち引きの影響を受ける。ラグーンとも呼ばれる。
国土交通省 近畿地方整備局より

日本の湖

日本の湖の大きさTOP10

 

 

1位はもちろん琵琶湖。面積はおよそ670km2で、滋賀県のおよそ6分の1を占める。さすが琵琶湖県の名は伊達じゃないね。

 2位以下は、『霞ヶ浦(茨城)』『サロマ湖(北海道)』『猪苗代湖(福島)』『中海(なかうみ)(鳥取、島根)』『屈斜路湖(くっしゃろこ)(北海道)』『宍道湖(しんじこ)(島根)』『支笏湖(しこつこ)(北海道)』『洞爺湖(とうやこ)(北海道)』『浜名湖(静岡)』と続きます。

 上位10か所のうち4か所が北海道にあり、そして意外?なことに2か所は島根県にある。しかも中海と宍道湖はすぐ隣同士。

 ちなみに、サロマ湖・中海・宍道湖・浜名湖は海水が入り込んでいるため、海水と淡水の中間の塩分を持っており、汽水湖(きすいこ)と呼ばれている。

琵琶湖

 誰もが知ってる日本一大きな湖。面積はおよそ670km2で、滋賀県の6分の1を占める。400万~600万年前にできたと言われており、世界で最も古い湖の1つに数えられる。ラムサール条約に湿地として登録されている。

琵琶湖
引用元:滋賀県HPより

 

サロマ湖

 北海道最大の湖で、日本最大の汽水湖。

サロマ湖
引用元:佐呂間町HPより

 

中海・宍道湖

 島根県にある湖(中海は鳥取県とまたっがっている)で、どちらも汽水湖。塩分濃度は中海が海水の約2分の1で、宍道湖は海水の約10分の1。ちなみに、2つの湖の間には大橋川が流れているため、2つの湖は繋がっている。

中海・宍道湖
引用元:島根県HPより

 

世界の湖

世界の湖の大きさTOP10

 

 

 世界一大きな湖はカスピ海で、面積は37万4000km2。日本の面積が37万8000km2なので、日本とほぼ同じ大きさ。琵琶湖の約560倍だそうですよ?ちなみにカスピ海とアラル海は塩湖なので、世界最大の淡水湖はスペリオル湖となる。

 2位以下は、『スペリオル湖(北アメリカ)』『ビクトリア湖(アフリカ中央部)』『アラル海(中央アジア)』『ヒューロン湖(北アメリカ)』『ミシガン湖(北アメリカ)』『タンガニーカ湖(アフリカ東部)』『バイカル湖(シベリア)』『グレートベア湖(カナダ北部)』『グレートスレーブ湖(カナダ北部)』と続きます。

カスピ海

 世界一大きな湖。カスピ海の水は塩分を含んでいるため、塩湖と呼ばれている。面積は37万4000km2で日本とほぼ同じ広さ。ロシア、アゼルバイジャン、イラン、トルクメニスタン、カザフスタンの5ヶ国がこの湖に接している。

カスピ海

 

塩湖・淡水湖・汽水湖の違い

 ちなみに、1リットル中に0.5g以上の塩分を含む湖が塩湖、それ未満は淡水湖と呼ばれている。また、汽水湖は塩湖の一種で、1リットル中に0.5g以上の塩分を含んでいて、淡水に海水が流れ込んでいる湖のこと。

まとめと言うよりピックアップ

  • 湖とは、中心部に沿岸植物が生えておらず、5m以上の深さを持つものという意味。
  • 琵琶湖は滋賀県のおよそ6分の1を占めている!
  • 世界一大きな湖「カスピ海」は日本とほぼ同じ大きさ!

感想とか

 特に理由はありませんが、なんとなく目に入ったので湖について調べてみました。一通り調べ終わった後でいうのもなんですが、湖って何か微妙ですよね。なにが微妙かって言われると困りますが、何となく山や川と比べると、「微妙」って感じるのは私だけでしょうか?

 それにしても日本と同じ大きさの湖とかもう訳分かりません。世界は本当に広いんですねぇ…
  名前にも海って付いてるし、もう海でいいじゃないって思えてきます。

注釈

  • 日本の湖の大きさは国土交通省国土地理院「平成28年度全国都道府県市区町村別面積調」から。
  • 世界の湖の大きさは外務省HPから。

都道府県別の人口・面積・人口密度

人口

都道府県別の人口
都道府県別の人口

 2015年の国勢調査から。

 東京がダントツなのは良いとして、1位2位は東京大阪だと思ってたけど、東京神奈川だったんですね知りませんでした。

 100万人未満の県も「鳥取」「島根」「高知」「徳島」「福井」「佐賀」「山梨」「和歌山」「香川」と9県もあって意外と多い。地図で見ると、人口の多い都道府県は東側、人口の少ない都道府県は西側に多いんですね。特に中国・四国地方の人の少なさが酷い。

増減率

都道府県別の人口の増減率

 人口が増加したのは「沖縄」「東京」「埼玉」「愛知」「神奈川」「福岡」「滋賀」「千葉」の8都県。減少率が特に高かったのは「秋田」「福島」「高知」「青森」「和歌山」で、最下位は秋田でした。そして増加率トップはまさかの沖縄。「東京」「埼玉」「愛知」「神奈川」この辺りの人口が増えているのは分かる。都会だしね。分からないのは沖縄と滋賀。

 なのでちょっと調べてみたところ、沖縄の人口が増えているのは、不景気に伴う労働者のUターンや沖縄への移住ブーム、そして出生率が高いことが理由らしい。出生率が高い理由は厚生労働省白書によると、

①共同社会的な精神がまだ残っており、子どもを産めばなんとか育てていける。
②男児後継ぎの意識が強く残っているので男児が生まれるまで産児を制限しないという説がある。

と言うことなんだとか。滋賀については調べてみても良く分からなかった。

面積

都道府県別の人口の面積

 当然のように圧倒的な北海道の面積は約8万3420km2。2位の岩手のおよそ5.5倍もあるんだとか。ちなみに最下位の香川は約1877km2なので、その44.5倍です。北海道に香川が44個入ります。

 面積が小さい都道府県は下から「香川」「大阪」「東京」「沖縄」「神奈川」な訳ですが、この中の大阪・東京・神奈川は人口が多い県TOP3なんですよね。狭い所に集まり過ぎでしょこれ。

人口密度

都道府県別の人口密度

 都道府県別の人口密度TOP5は「東京」「大阪」「神奈川」「埼玉」「愛知」。BOTTOM5は「北海道」「岩手」「秋田」「高知」「島根」。

トップの東京の人口密度が約6200人/km2なのに対して北海道はなんと約65人/km2。なんと100倍近くの差があるという偏りっぷり。そして現在進行形で東京の人口は増え、北海道の人口は減っていっているので、今後更に差が開く予定です。

まとめと言うよりピックアップ

  • 都道府県別の人口TOP3は「東京」「神奈川」「大阪」。BOTTOM3は「鳥取」「島根」「高知」。
  • 100万人を切っている都道府県は全部で9県
  • 2010年~2015年の間の人口増加率が一番高かったのは沖縄県。一番低かったのは秋田県
  • 面積が最も大きいのは北海道。最も小さいのは香川県。北海道に香川が44個入ります。
  • 東京と北海道の人口密度には100倍近くの差がある。

感想とか

 一番意外だったのは沖縄の人口増加率でしょうか。正直なとこ、沖縄の人口はガンガン減っていってると思ってました。それがまさか東京より増加率が上だったなんてね…

注釈

  • 統計局のデータを元にしています。

日本の人口 ~都道府県ごとに男女比が全然違うって知ってた?~

日本の人口の推移

日本の人口の推移と増減率

 日本の人口の推移と増減率をグラフにしてみた。

 1920年時点で5600万人程度だった人口が、1967年に1億人を突破し、2010年の1億2800万人をピークに徐々に減少し、現在の日本の人口はおよそ1億2700万人。2011年は「人口減少社会 元年」と呼ばれているそうです。そして2048年には1億人割れを起こすという予測が…

増減率

 戦争とベビーブームの影響がよく分かるなぁってグラフです。あとひのえうま。一応言っておくと、このグラフは出生率ではなく前年からの増減率なので、出生率と死亡率の両方が加味されている。

ベビーブーム

 ベビーブームとは、生まれてくる赤ん坊の数が一時的に急上昇する現象のこと。日本では、1947年~1949年の第一次ベビーブームと1971年~1947年の第二次ベビーブームの2回起きている。

 第一次ベビーブームは3年間でおよそ800万人が生まれ、この期間に生まれた世代は団塊の世代と呼ばれている。

 その後、第二次ベビーブームが起き、2000年代に第三次ベビーブームが起きることが期待されていたが、長年の不景気のせいで第三次ベビーブームは起きなかった。

ひのえうま

 ぶっちゃけただの迷信。「丙午(ひのえうま)年生まれの女性は気性が激しく夫の命を縮める」というもの。ただの迷信だが、1966年の丙午の年の出生率は25%も低下したらしい。

 ちなみに丙午は60年に一度なので、次は2026年。まぁさすがにこの頃に丙午の迷信を信じてる人はほぼ居ないでしょうね。

都道府県別

人口

都道府県別の人口
都道府県別の人口

 2015年の国勢調査から。

 東京がダントツなのは良いとして、1位2位は東京大阪だと思ってたけど、東京神奈川だったんですね知りませんでした。

 100万人未満の県も「鳥取」「島根」「高知」「徳島」「福井」「佐賀」「山梨」「和歌山」「香川」と9県もあって意外と多い。地図で見ると、人口の多い都道府県は東側、人口の少ない都道府県は西側に多いんですね。特に中国・四国地方の人の少なさが酷い。

男女比

都道府県別の男女比

 都道府県ごとに男女比を比べると、実は結構差があるって知ってた?一番男の割合が多いのが愛知男女の数がほぼ同じ。それに対して男の数が最も少ないのが長崎で男女比はおよそ88.3:100と女の人数の方がかなり多い。

 偏っている理由はキッチリと分かっていないようだけど、働き口の違いだとか色々あるんでしょうね。

 ところで、ここでちょっとした疑問が。私が子供だった頃、学校のクラスの男女比って常に男の方が多かったんですよね。でもこのグラフを見てみると、全国のどこにも男の方が多い都道府県が無いんですよ。その理由は何なのかぁと思って色々調べてみたら何かそれっぽいものが。

男女比
年齢別の男女比

 2014年(平成26年)10月1日時点のデータだそうです。

 平均年齢に男女差がある事はもちろん知っていたけれど、ここまで極端だとは思っていなかったよ。生まれてきた時点では、男女比はおよそ1.05:1、つまり男が105人生まれるのに対して女は100人生まれる。この割合は昔から変わっていないらしい。まぁそれは良いとして、54歳までは男の人数の方が多いけれど、55歳で男女比が逆転。それ以降はなかなかに酷い。87歳の時点で男性の数が女性の半分になり、94歳で4分の1、100歳以上に至っては男性が8000人に対して、女性が5万1千人も居るという何とも悲しい数字に。

 その原因については、「男女のホルモンの差」「女性の方が健康的な生活をしているから」「女性の社会進出が進まなかったため、男性よりもストレスを受けにくい状況だったから」といった事が上げられるらしい。

まとめと言うよりピックアップ

  • 現在の日本の人口は1億2700万人。2048年に1億人割れという予想あり。
  • 2011年は「人口減少社会 元年」
  • 日本一人口の少ない都道府県は鳥取県
  • 男の割合が一番多い都道府県は愛知県。一番少ないのは長崎県

感想とか

 日本の人口について色々調べてみましたが、知らないことって意外と多いですね。特に都道府県別の男女比の違いについては驚きました。あと年齢別の男女比も。

注釈

  • 統計局のデータを元にしています。

世界の地域ごとの人口・面積・人口密度

人口

地域区分について

 この記事では、だいたい図のような感じで「アジア」「ヨーロッパ」「アフリカ」「北アメリカ」「オセアニア」「ラテンアメリカ・カリブ海諸国」の6地域に分けています。ロシアは地理的にはアジアかなと思ったので、アジアに入れました。

地域区分

 

地域別 人口

世界の地域別人口の割合
地域名人口
アジア 45億7966万4305人
アフリカ 12億1612万9815人
ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体 6億4102万9306人
ヨーロッパ 5億9540万9170人
北アメリカ 3億6052万9324人
オセアニア 3990万1355人

 当然のことながら、中国、インドを筆頭に1億超えが8ヶ国もあるアジアが圧倒的です。

地域別 面積

世界の地域別面積の割合
地域名人口
アジア 4904万8469km2
アフリカ 3023万7643km2
北アメリカ 2198万4568km2
ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体 2052万1188km2
オセアニア 851万2460km2
ヨーロッパ 589万5960km2

 分け方にもよりますが、ヨーロッパって本当に小さいんですね。オーストラリアの面積がおよそ770万km2ですが、それよりも更に下です。

地域別 人口密度

世界の地域別人口密度
地域名人口
ヨーロッパ 100.99人/km2
アジア 93.37人/km2
アフリカ 40.22人/km2
ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体 31.24人/km2
北アメリカ 16.40人/km2
オセアニア 4.69人/km2

注釈

  • 人口数は、国際連合人口部が公開しているWorld Population Prospectsから、中位推計を元に233の国と地域を対象にしています。
  • 面積は統計局やアメリカのThe World Factbookなどを元にしています。
  • ロシアはアジアに入れています。

世界の国の人口・面積・人口密度 ~実は日本は結構でかい~

世界の国や地域の人口

人口の多い国TOP50

世界の国の人口(TOP50)

 世界の人口上位国です。とりあえず中国とインドが「ドーン!」となってあとはズラーって感じですね。

 1億人を超えているのは「中国」「インド」「アメリカ」「インドネシア」「ブラジル」「パキスタン」「ナイジェリア」「バングラデシュ」「ロシア」「メキシコ」「日本」「フィリピン」「エチオピア」の13ヶ国。ベトナムとエジプトは9500万人弱居るので、あと10年もしたら超えてくるかもしれませんね。

 ちなみに日本はつい数年前まで10位でしたが、現在はメキシコに追い越されて11位になってしまいました。

全人口に対する各国の人口の割合

世界の国ごとの人口の割合

 「中国」「インド」「アメリカ」「インドネシア」「ブラジル」「パキスタン」、この6ヶ国だけで世界の約半分を占めるという偏りっぷり。そして中国とインドの存在感がすごい。

 日本は11位で約1.7%。11位と言われると多い気がするけれど、1.7%と言われると何か微妙。皆さんはどう思いますかね?

 それにしても上位はアジアの国が多いですね。

順位国名人口
1 中国 13億8232万3332人
2 インド 13億2680万1576人
3 アメリカ 3億2411万8787人
4 インドネシア 2億6058万1100人
5 ブラジル 2億0956万7920人
6 パキスタン 1億9282万6502人
7 ナイジェリア 1億8698万7563人
8 バングラデシュ 1億6291万0864人
9 ロシア 1億4343万9832人
10 メキシコ 1億2863万2004人
11 日本 1億2632万3715人

世界の国や地域の面積

 この記事を書いていて、「国の面積」と言うのはとても複雑と言うか、ややこしいということを思い知った。

 まずそもそも、国や地域の分け方からして難しい。特にヨーロッパの国の中には飛び地(フランス領ギアナだとかクック諸島だとか)を持つ国もあり、この飛び地をその国の一部として扱うかでその国の面積が変わってしまう。身近なところでは、台湾や香港を中国に含めるのか、それぞれ1つの地域として扱うのかという問題がありますね。他にも、グリーンランドのような大きな島(グリーンランド単体で世界13位)の扱いをどうするかで面積のランキングに大きな影響が出てきてしまう。そして更に、国境線で争っている所は国によって主張してくる面積が違うため、どこのデータを扱うかでその数字に差がある。

 とまぁ、そういった具合で本当に面倒です。

世界の国や地域の面積

世界の国や地域の面積

 やっぱりロシアはでかい。知ってたけど改めて比較すると1国だけ飛び抜けてます。日本の約45倍だそうですよ。

 そして日本は62位。ただし、13位のグリーンランドは国ではないので、国だけの順位なら61位になります。

順位国名人口
1 ロシア 17098246 km2
2 カナダ 9984670 km2
3 アメリカ 9833517 km2
4 中国 9596961 km2
5 ブラジル 8514877 km2
6 オーストラリア 7692024 km2
7 インド 3287263 km2
8 アルゼンチン 2780400 km2
9 カザフスタン 2724902 km2
10 アルジェリア 2381741 km2

総陸地面積に対する割合

総陸地面積に対する割合

 世界の1割はロシアでできています。そして、アルジェリアまでの上位10カ国で世界のほぼ半分です。ちなみに日本は約0.25%。

世界の国や地域の人口密度

上位

世界の国と地域の人口密度(上位)

 マカオとモナコが圧倒的ですね。グラフだけ見るととんでもなく人の多い場所に見えますが実はそうでもなく、東京の目黒区、文京区、台東区あたりと同じ人口密度なんだそうです。ちなみに東京都全体の人口密度は6000人/km2程度です。

日本の人口密度は334.2人/km2。ですが、これはあくまで日本全体であって、都市部と山間部では大きな差があるんですよね。まぁそれは日本に限った事ではありませんが…

 この記事では、日本の人口密度は世界40位ですが、国や地域の分け方次第でかなり順位に差が出てくるのでちょっと注意。

 ちなみにマカオは国ではなく地域なので、国の中ではモナコが人口密度トップということになります。

下位

世界の国と地域の人口密度(下位)

 こっちは人口密度が低い場所です。一番低いのはグリーンランド。約0.026人/km2しかいません。

 ちなみにフォークランド諸島とグリーンランドは国ではないので、世界一人口密度の低い国はモンゴル(約1.92人/km2)という事になります。

国と地域の人口一覧

順位国名人口
1 中国 13億8232万3332人
2 インド 13億2680万1576人
3 アメリカ 3億2411万8787人
4 インドネシア 2億6058万1100人
5 ブラジル 2億0956万7920人
6 パキスタン 1億9282万6502人
7 ナイジェリア 1億8698万7563人
8 バングラデシュ 1億6291万0864人
9 ロシア 1億4343万9832人
10 メキシコ 1億2863万2004人
11 日本 1億2632万3715人
12 フィリピン 1億0225万0133人
13 エチオピア 1億0185万3268人
14 ベトナム 9444万4200人
15 エジプト 9338万3574人
16 ドイツ 8068万2351人
17 イラン 8004万3146人
18 コンゴ民主共和国 7972万2624人
19 トルコ 7962万2062人
20 タイ 6814万6609人
21 イギリス 6511万1143人
22 フランス 6466万8129人
23 イタリア 5980万1004人
24 タンザニア 5515万5473人
25 南アフリカ共和国 5497万8907人
26 ミャンマー 5436万3426人
27 韓国 5050万3933人
28 コロンビア 4865万4392人
29 ケニア 4725万1449人
30 スペイン 4606万4604人
31 ウクライナ 4462万4373人
32 アルゼンチン 4384万7277人
33 スーダン 4117万5541人
34 アルジェリア 4037万5954人
35 ウガンダ 4032万2768人
36 ポーランド 3859万3161人
37 イラク 3754万7686人
38 カナダ 3628万6378人
39 モロッコ 3481万7065人
40 アフガニスタン 3336万9945人
41 サウジアラビア 3215万7974人
42 ペルー 3177万4225人
43 ベネズエラ 3151万8855人
44 マレーシア 3075万1602人
45 ウズベキスタン 3030万0446人
46 ネパール 2885万0717人
47 モザンビーク 2875万1362人
48 ガーナ 2803万3375人
49 イエメン 2747万7600人
50 アンゴラ 2583万0958人
51 北朝鮮 2528万1327人
52 マダガスカル 2491万5822人
53 オーストラリア 2430万9330人
54 カメルーン 2392万4407人
55 台湾 2339万5600人
56 コートジボワール 2325万4184人
57 スリランカ 2081万0816人
58 ニジェール 2071万5285人
59 ルーマニア 1937万2734人
60 ブルキナファソ 1863万3725人
61 シリア 1856万3595人
62 マリ 1813万4835人
63 チリ 1813万1850人
64 カザフスタン 1785万5384人
65 マラウイ 1774万9826人
66 オランダ 1697万9729人
67 ザンビア 1671万7332人
68 グアテマラ 1667万2956人
69 エクアドル 1638万5450人
70 ジンバブエ 1596万6810人
71 カンボジア 1582万7241人
72 セネガル 1558万9485人
73 チャド 1449万6739人
74 ギニア 1294万7122人
75 南スーダン 1273万3427人
76 ルワンダ 1188万2766人
77 ブルンジ 1155万2561人
78 キューバ 1139万2889人
79 チュニジア 1137万5220人
80 ベルギー 1137万1928人
81 ベナン 1116万6658人
82 ソマリア 1107万9013人
83 ギリシャ 1091万9459人
84 ボリビア 1088万8402人
85 ハイチ 1084万8175人
86 ドミニカ共和国 1064万8613人
87 チェコ 1054万8058人
88 ポルトガル 1030万4434人
89 アゼルバイジャン 986万8447人
90 スウェーデン 985万1852人
91 ハンガリー 982万1318人
92 ベラルーシ 948万1521人
93 アラブ首長国連邦 926万6971人
94 セルビア 881万2705人
95 タジキスタン 866万9464人
96 オーストリア 856万9633人
97 スイス 837万9477人
98 イスラエル 819万2463人
99 ホンジュラス 818万9501人
100 パプアニューギニア 777万6115人
101 ヨルダン 774万7800人
102 トーゴ 749万6833人
103 香港 734万6248人
104 ブルガリア 709万7796人
105 ラオス 691万8367人
106 パラグアイ 672万5430人
107 シエラレオネ 659万2102人
108 リビア 633万0159人
109 ニカラグア 615万0035人
110 エルサルバドル 614万6419人
111 キルギス 603万3769人
112 レバノン 598万8153人
113 シンガポール 569万6506人
114 デンマーク 569万0750人
115 フィンランド 552万3904人
116 トルクメニスタン 543万8670人
117 スロバキア 542万9418人
118 エリトリア 535万1680人
119 ノルウェー 527万1958人
120 中央アフリカ共和国 499万8493人
121 コスタリカ 485万7218人
122 パレスチナ 479万7239人
123 コンゴ共和国 474万0992人
124 アイルランド 471万3993人
125 オマーン 465万4471人
126 リベリア 461万5222人
127 ニュージーランド 456万5185人
128 クロアチア 422万5001人
129 モーリタニア 416万6463人
130 モルドバ 406万2862人
131 クウェート 400万7146人
132 パナマ 399万0406人
133 ジョージア 397万9781人
134 ボスニア・ヘルツェゴビナ 380万2134人
135 プエルトリコ 368万0772人
136 ウルグアイ 344万4071人
137 アルメニア 302万6048人
138 モンゴル 300万6444人
139 アルバニア 290万3700人
140 リトアニア 285万0030人
141 ジャマイカ 280万3362人
142 ナミビア 251万3981人
143 ボツワナ 230万3820人
144 カタール 229万1368人
145 レソト 216万0309人
146 マケドニア 208万1012人
147 スロベニア 206万9362人
148 ガンビア 205万4986人
149 ラトビア 195万5742人
150 ギニアビサウ 188万8429人
151 ガボン 176万3142人
152 バーレーン 139万6829人
153 トリニダード・トバゴ 136万4973人
154 エストニア 130万9104人
155 スワジランド 130万4063人
156 モーリシャス 127万7459人
157 東ティモール 121万1245人
158 キプロス 117万6598人
159 ジブチ 89万9598人
160 フィジー 89万7537人
161 赤道ギニア 86万9587人
162 レユニオン 86万7214人
163 コモロ 80万7118人
164 ブータン 78万4103人
165 ガイアナ 77万0610人
166 モンテネグロ 62万6101人
167 マカオ 59万7126人
168 ソロモン諸島 59万4934人
169 西サハラ 58万4206人
170 ルクセンブルグ 57万6243人
171 スリナム 54万7610人
172 カーボベルデ 52万6993人
173 グアドループ 47万0547人
174 ブルネイ 42万8874人
175 マルタ 41万9615人
176 マルティニーク 39万6364人
177 バハマ 39万2718人
178 モルディブ 36万9812人
179 ベリーズ 36万6942人
180 アイスランド 33万1778人
181 フランス領ポリネシア 28万5735人
182 バルバドス 28万5006人
183 フランス領ギアナ 27万5688人
184 バヌアツ 27万0470人
185 ニューカレドニア 26万6431人
186 マヨット 24万6496人
187 サモア 19万4523人
188 サントメ・プリンシペ 19万4390人
189 セントルシア 18万6383人
190 グアム 17万2094人
191 チャンネル諸島 16万4466人
192 キュラソー島 15万8635人
193 キリバス 11万4405人
194 セントビンセント・グレナディーン 10万9644人
195 グレナダ 10万7327人
196 トンガ 10万6915人
197 アメリカ領ヴァージン諸島 10万6415人
198 ミクロネシア 10万4966人
199 アルバ 10万4263人
200 セーシェル 9万7026人
201 アンティグア・バーブーダ 9万2738人
202 マン島 8万8421人
203 ドミニカ 7万3016人
204 アンドラ 6万9165人
205 バミューダ諸島 6万1662人
206 ケイマン諸島 6万0764人
207 グリーンランド 5万6196人
208 セントクリストファー・ネイビス 5万6183人
209 アメリカ領サモア 5万5602人
210 北マリアナ諸島 5万5389人
211 マーシャル諸島 5万3069人
212 フェロー諸島 4万8239人
213 シント・マールテン 3万9538人
214 モナコ 3万7863人
215 リヒテンシュタイン 3万7776人
216 タークス・カイコス諸島 3万4904人
217 ジブラルタル 3万2373人
218 サンマリノ 3万1950人
219 イギリス領ヴァージン諸島 3万0659人
220 ボネール、シント・ユースタティウスおよびサバ 2万5328人
221 パラオ 2万1501人
222 クック諸島 2万0948人
223 アンギラ 1万4763人
224 ウォリス・フツナ 1万3112人
225 ナウル 1万0263人
226 ツバル 9943人
227 サン・ピエール島・ミクロン島 6301人
228 モントセラト 5154人
229 セントヘレナ 3956人
230 フォークランド諸島 2912人
231 ニウエ 1612人
232 トケラウ 1276人
233 バチカン 801人

まとめという名のピックアップ

  • 日本の人口は世界11位!
  • 日本の面積は世界62位!
  • 日本の人口密度は世界40位!

一言

 人口数といい、面積といい、極一部の国に偏ってる事がよく分かりました。

注釈

  • 人口数は、国際連合人口部が公開しているWorld Population Prospectsから、中位推計を元に233の国と地域を対象にしています。
  • 面積は統計局やアメリカのThe World Factbookなどを元にしています。
  • ロシアはアジアに入れています。

世界の人口 ~100億人突破まであと○○年~

世界の人口の推移

 記念すべき1回目は世界の人口推移。最初なので割と頻繁に見かけるグラフから試してみようかなと。

過去

 データが1950年からだったので、そこから2015年まで。

世界の人口の推移(過去)

 1950年の時点では約25億人。そこからまっすぐ右肩上がりと言ってしまうと大した事が無いように聞こえるかもですが、過去70年で約3倍になっていると言うと結構すごいです。かなりすごいです。

 世界中でそれなりに増えてるけど、アジアの影響メチャクチャでかいですよねこれ。

未来

 こっちは未来の人口数の予測です。

世界の人口の推移(未来)

 アジアや欧米の人口増加が徐々に収まる代わりにアフリカの人口がどんどん増えていくそうです。世界全体とアフリカのグラフを見比べてみるとかなり近い傾きをしていて、アフリカの人口増加がそのまま反映されていくみたいです。

 2024年に80億人、2038年に90億人、そして2056年に100億人を突破すると予想しているみたいですね。昔どこかで、人口爆発で「地球が壊れる」というセリフを聞いたことがありますが、本当に壊れそうですね…

おまけ

 教科書などでもよく見かける人口爆発のグラフです。

 「人口爆発」とはその名の通り、人口が爆発するように急激に増えるという意味なわけですが、具体的にどこからが人口爆発か?という明確な定義は存在していないようです。つまり「なんか急に人が滅茶苦茶増えだしたらそれが人口爆発」という曖昧な意味です。

 とりあえず上のグラフにあるような過去70年で人口3倍は確実に人口爆発だとして、個人的には100年で1.5倍くらいになれば人口爆発と呼んでもいい気がするなぁ。

人口爆発
引用元:国連人口基金東京事務局

 

世界の地域ごとの人口

地域区分について

 この記事では、だいたい図のような感じで「アジア」「ヨーロッパ」「アフリカ」「北アメリカ」「オセアニア」「ラテンアメリカ・カリブ海諸国」の6地域に分けています。ロシアは地理的にはアジアかなと思ったので、アジアに入れました。

地域区分

 

アジア

アジアの人口分布

 中国でかいインドでかい。中国だけでアジアの3割インドだけでもアジアの3割。この2国だけでアジアの6割を占めるというデタラメさ。

 そして日本はおよそ1.2億人でアジア7位(世界11位)。なんとなく日本は人口も面積も小さなイメージがありますが、別にそんなことないんですよね。ほとんどの国が1億人に届いていないという事実を知らない人って実は結構多いんじゃないでしょうか?

順位国名人口
1 中国 13億8232万3332人
2 インド 13億2680万1576人
3 インドネシア 2億6058万1100人
4 パキスタン 1億9282万6502人
5 バングラデシュ 1億6291万0864人
6 ロシア 1億4343万9832人
7 日本 1億2632万3715人
8 フィリピン 1億0225万0133人
9 ベトナム 9444万4200人
10 イラン 8004万3146人
  その他 7億0772万0000人
  45億7966万4400人
中国とインドの人口

 私の記憶の中では、人口は中国がインドをかなり引き離していて逆転することはそうそうないだろうといった感じだったのですが、今回調べてみて意外とそうでもなかったので気になって2国に絞ってみました。

中国とインドの人口推移

 これはあれですね。歳がバレるかもしれない奴ですね。2021年か2022年には逆転するだろうと予測しているようです。

 それにしてもインドと比べると、中国のグラフの歪み具合はすごいですね。1959年~1962年の凹みは、「大躍進」という政策の失敗と自然災害のせいで、大量の餓死者が出たり出生率が低下した事が原因。その後ベビーブームやその反動による出生率の半減が起こったためこんなグラフになったんだそうです。「大躍進」なんて名前なのに、大躍進どころか、むしろ中国が抱える様々な問題の諸悪の根源となってしまった近年まれに見る大失敗政策として有名ですね。

 ところで、皆さんは人口の順位について学校でなんて習いましたか?最近の子は「もうすぐ世界一位が変わる」とか習ってるんでしょうかね?

北アメリカ

北アメリカの人口分布

 まぁこうなりますよね。そりゃそうだ。地図を見てもほぼアメリカとカナダですし。正直なところ、サン・ピエール島・ミクロン島ってどこ?バミューダ諸島ってどこ?あの有名なバミューダトライアングルと関係あるの?ってレベルで知らないです。

 そして意外?な事にカナダの人口は約3600万人と日本の4分の1強しかいないんですよね。勝手に1億人くらいじゃないかと思ってました。

順位国名人口
1 アメリカ 3億2411万8787人
2 カナダ 3628万6378人
3 バミューダ諸島 6万1662人
4 グリーンランド 5万6196人
5 サン・ピエール島・ミクロン島 6301人
  3億6052万9324人

 せっかくなのでちょっとだけ調べてみた。

バミューダ諸島

 1500年代に発見されたアメリカのすぐ近くにある複数の島で、約150のサンゴ礁と岩礁から出来ている。現在はイギリス領。面積は53.3km2で、淡路島の10分の1くらいだそうです。

 ちなみにバミューダトライアングルとは、フロリダ半島の先端と大西洋にあるプエルトリコ、そしてバミューダ諸島を結んだ三角形の海域のことなんだとか。

 

ヨーロッパ

ヨーロッパの人口分布

 知っていましたかね?ヨーロッパには1億人を超える国が1つもないんです。私は知りませんでした…

 それにしてもヨーロッパの円グラフは、ザ・普通って感じですね。むしろ普通すぎて逆に不自然に見えてくる。

順位国名人口
1 ドイツ 8068万2351人
2 イギリス 6511万1143人
3 フランス 6466万8129人
4 イタリア 5980万1004人
5 スペイン 4606万4604人
6 ウクライナ 4462万4373人
7 ポーランド 3859万3161人
8 ルーマニア 1937万2734人
9 オランダ 1697万9729人
10 ベルギー 1137万1928人
  その他 1億4814万0000人
  5億9540万9156人

アフリカ・オセアニア・ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体

アフリカの人口分布
ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体の人口分布
オセアニアの人口分布

 いつの間にやらエチオピアの人口が1億超えてますね。私が子供の頃は、アフリカで1億人を超えているのはナイジェリアだけだと習った記憶がありますが、もう間違いなんですね…

順位国名人口
1 ナイジェリア 1億8698万7563人
2 エチオピア 1億0185万3268人
3 エジプト 9338万3574人
4 コンゴ民主共和国 7972万2624人
5 タンザニア 5515万5473人
6 南アフリカ共和国 5497万8907人
7 ケニア 4725万1449人
8 スーダン 4117万5541人
9 アルジェリア 4037万5954人
10 ウガンダ 4032万2768人
  その他 4億7492万3000人
  12億1613万0121人
順位国名人口
1 ブラジル 2億0956万7920人
2 メキシコ 1億2863万2004人
3 コロンビア 4865万4392人
4 アルゼンチン 4384万7277人
5 ペルー 3177万4225人
6 ベネズエラ 3151万8855人
7 チリ 1813万1850人
8 グアテマラ 1667万2956人
9 エクアドル 1638万5450人
10 キューバ 1139万2889人
  その他 8445万1000人
  6億4102万8818人
順位国名人口
1 オーストラリア 2430万9330人
2 パプアニューギニア 777万6115人
3 ニュージーランド 456万5185人
4 フィジー 89万7537人
5 ソロモン諸島 59万4934人
6 フランス領ポリネシア 28万5735人
7 バヌアツ 27万0470人
8 ニューカレドニア 26万6431人
9 サモア 19万4523人
10 グアム 17万2094人
  その他 56万9000人
  3990万1354人

まとまっていないまとめ

  • 2056年には世界の人口が100億人を突破するかもしれない!
  • 2021年か2022年あたりに人口世界1位が入れ替わるかも?
  • ヨーロッパで1億人を超えている国は1つもない!

感想とか

 昔勉強したことが使い物にならなくなってしまうというのを初めて実感しました。これが時代の流れという奴なんでしょうか?

 それはともかく、記事を書くに当たって色々調べ回ったので、とにかく勉強になったなぁ、と。特に自分の中の知識が古くなっていたことが知れて良かったです。

 とりあえずこのブログ続けられるといいな。データをチマチマいじるのは好きなので続けられる気がする。週1更新くらいで頑張りたい。まぁこの記事は少し前に書いたものを元に改めて書き直しているだけなんですけどね…

注釈

  • 国際連合人口部が公開しているWorld Population Prospectsから、中位推計を元に233の国と地域を対象にしています。
  • ロシアはアジアに入れています。