読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の人口 ~都道府県ごとに男女比が全然違うって知ってた?~

日本の人口の推移

日本の人口の推移と増減率

 日本の人口の推移と増減率をグラフにしてみた。

 1920年時点で5600万人程度だった人口が、1967年に1億人を突破し、2010年の1億2800万人をピークに徐々に減少し、現在の日本の人口はおよそ1億2700万人。2011年は「人口減少社会 元年」と呼ばれているそうです。そして2048年には1億人割れを起こすという予測が…

増減率

 戦争とベビーブームの影響がよく分かるなぁってグラフです。あとひのえうま。一応言っておくと、このグラフは出生率ではなく前年からの増減率なので、出生率と死亡率の両方が加味されている。

ベビーブーム

 ベビーブームとは、生まれてくる赤ん坊の数が一時的に急上昇する現象のこと。日本では、1947年~1949年の第一次ベビーブームと1971年~1947年の第二次ベビーブームの2回起きている。

 第一次ベビーブームは3年間でおよそ800万人が生まれ、この期間に生まれた世代は団塊の世代と呼ばれている。

 その後、第二次ベビーブームが起き、2000年代に第三次ベビーブームが起きることが期待されていたが、長年の不景気のせいで第三次ベビーブームは起きなかった。

ひのえうま

 ぶっちゃけただの迷信。「丙午(ひのえうま)年生まれの女性は気性が激しく夫の命を縮める」というもの。ただの迷信だが、1966年の丙午の年の出生率は25%も低下したらしい。

 ちなみに丙午は60年に一度なので、次は2026年。まぁさすがにこの頃に丙午の迷信を信じてる人はほぼ居ないでしょうね。

都道府県別

人口

都道府県別の人口
都道府県別の人口

 2015年の国勢調査から。

 東京がダントツなのは良いとして、1位2位は東京大阪だと思ってたけど、東京神奈川だったんですね知りませんでした。

 100万人未満の県も「鳥取」「島根」「高知」「徳島」「福井」「佐賀」「山梨」「和歌山」「香川」と9県もあって意外と多い。地図で見ると、人口の多い都道府県は東側、人口の少ない都道府県は西側に多いんですね。特に中国・四国地方の人の少なさが酷い。

男女比

都道府県別の男女比

 都道府県ごとに男女比を比べると、実は結構差があるって知ってた?一番男の割合が多いのが愛知男女の数がほぼ同じ。それに対して男の数が最も少ないのが長崎で男女比はおよそ88.3:100と女の人数の方がかなり多い。

 偏っている理由はキッチリと分かっていないようだけど、働き口の違いだとか色々あるんでしょうね。

 ところで、ここでちょっとした疑問が。私が子供だった頃、学校のクラスの男女比って常に男の方が多かったんですよね。でもこのグラフを見てみると、全国のどこにも男の方が多い都道府県が無いんですよ。その理由は何なのかぁと思って色々調べてみたら何かそれっぽいものが。

男女比
年齢別の男女比

 2014年(平成26年)10月1日時点のデータだそうです。

 平均年齢に男女差がある事はもちろん知っていたけれど、ここまで極端だとは思っていなかったよ。生まれてきた時点では、男女比はおよそ1.05:1、つまり男が105人生まれるのに対して女は100人生まれる。この割合は昔から変わっていないらしい。まぁそれは良いとして、54歳までは男の人数の方が多いけれど、55歳で男女比が逆転。それ以降はなかなかに酷い。87歳の時点で男性の数が女性の半分になり、94歳で4分の1、100歳以上に至っては男性が8000人に対して、女性が5万1千人も居るという何とも悲しい数字に。

 その原因については、「男女のホルモンの差」「女性の方が健康的な生活をしているから」「女性の社会進出が進まなかったため、男性よりもストレスを受けにくい状況だったから」といった事が上げられるらしい。

まとめと言うよりピックアップ

  • 現在の日本の人口は1億2700万人。2048年に1億人割れという予想あり。
  • 2011年は「人口減少社会 元年」
  • 日本一人口の少ない都道府県は鳥取県
  • 男の割合が一番多い都道府県は愛知県。一番少ないのは長崎県

感想とか

 日本の人口について色々調べてみましたが、知らないことって意外と多いですね。特に都道府県別の男女比の違いについては驚きました。あと年齢別の男女比も。

注釈

  • 統計局のデータを元にしています。